Sustainable Food Wrap の使い方・保存方法・洗い方
・野菜と果物全般
野菜は、特に料理の際に余ったものの切り口を包み込むように保存すると良いです。果物も傷みにくくなるので鮮度を保てます。
・パン
​食パン・菓子パンはもちろんのこと、サンドイッチを包んでお弁当箱代わりにもできます。
・おやつ
​ワッフル、スコーン、マフィン、シフォンケーキ、バウムクーヘン、プロテインバーなど、様々なおやつも包めます。ご自宅のみならず、仕事中に小腹が空いた時のために、フードラップで包んだおやつを持っていくもおススメです。
・スナック(コーヒー豆用ラップ)
こちらはコーヒー豆用ラップの応用例。ボーロやビスケットを入れてお子様に持たせても良いですし、湿気りにくくなるので、余ったスナック(ポップコーンやポテトチップスなど)を保存することもできます。
・コップや器の蓋として
余った食べ物や飲み物を冷蔵庫で保存する際に蓋としてもお使いいただけます。
※暖かい物を包むと蝋の成分が溶け出してしまいますので、必ず食べ物​・飲み物の粗熱を取ってから包んでください。
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now